ごあいさつ 入園案内 特別教育プログラム 職員募集 にこにこ掲示板 楽しい給食 北陵まるごと文庫 卒園記念絵本 北陵子育て応援隊 保護者の皆様の評価

 

中国四川省大地震の募金活動

中国地震

中国四川省で大地震がありました。北陵幼稚園の年長児を中心に、大災害について考えました。

自分たちにできることはないだろうか?役にたてることはないだろうか?と考えました。四川省の幼稚園で幼稚園の先生が犠牲になったこと、子どもたちがたくさんなくなったことなど心を痛めました。今、自分たちにできることを考えようとしました。命の大切なことを学んでほしいと思います。

斐川町のイズミさんの店頭5月21日・22日午前10時30分から30分間ですが募金活動をしました。今日一日目は少し元気がありませんでしたが、子どもたちは帰ってから、募金の意味や優しい人々の思いを感じてうれしそうでした。明日も元気でがんばります。

 地震1

地震2

明日はもっと中国のお友だちの気持ちになって「大きな声で言うよ」「ありがとうを言うよ」と話しています。

中国のお友だちのことを考えてしっかりと募金活動をします。みなさんお気持ちを寄せてください。お願いします。

2日目タイトル

今日はとっても暑くて、子どもたちは顔を真っ赤にしていました。それでも、大きな声を張り上げて募金を呼びかけました。きっと辛いという気持ちがあるかもしれません。しかし、誰一人として「暑い!」とか「のどがカラカラ」という子どもはいませんでした。私たちは子どもの頑張りに感動し、イズミさんで少し涼ませていただき、アイスキャンディーを1本食べました。

地震玄関

2・3歳児さんは、幼稚園の玄関でお帰りの10分前に募金活動をしました。お母さんたちに、募金をしてもらい「ありがとうございました」と大きな声でこたえていました。

地震2

「あっ!おじいちゃんだ!」とわざわざ募金にきていただいたおじいちゃんにうれしそうな表情を見せました。子どもたちの命が輝く活動に私たち職員も胸が熱くなりました。ご協力いただきました大勢の皆様ありがとうございました。心から感謝申しあげます。27日に斐川町の社会福祉協議会を通じて日本赤十字社に届けます。ありがとうございました。